腸内細菌

腸・腸内細菌の働き

現代社会、高齢化・生活習慣病・ストレス・3大疾病等、さまざまな面で健康を意識する人が増えてきました。
最近では、各メディア等が腸・腸内細菌の働きの特集をする機会も多くなり、腸(腸内細菌)への関心が高くなってきています。
世界では、国家プロジェクトで腸(腸内細菌)の研究を行う国もあり、新しい菌の発見や、病気との関係性も見つかり、全身のエネルギーのコントロールを腸内細菌が行っているとも言われています。
人間の腸は、大きく小腸と大腸の2つに分かれます。
小腸は口側から、十二指腸、空腸、回腸に分けられ、大腸は盲腸、結腸(上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸)、直腸に分けられます。全長は9~10m程度で、面積は60坪 テニスコート1面半と言われ、一番大きい臓器なのです。

腸の役割

消 化食べたものを胃で消化の準備をし、腸で本格的な消化をする。
腸内細菌は消化を改善したり、不要なものを排除したりする。
吸 収人間が生きていく上で最も必要な(糖、アミノ酸、脂肪酸、ビタミン、ミネラル)を吸収し、余分な栄養の吸収の抑制をする。
排 泄必要のない老廃物や毒素を便として体外に排泄する。
(排泄された1⁄3~2⁄3は腸内細菌である)
代 謝体の状態に合わせて栄養の吸収を行う。
この吸収バランスが崩れると体に異常や障害が起きる。
合 成腸内細菌と共にビタミンやホルモン、酵素を合成している。
解 毒腸に入ってきた毒を腸内細菌が解毒を行う。
免 疫免疫細胞の60~70%が腸のパイエル板に住んでいて腸内細菌と協力して、ウイルスや病原菌から体を守ってくれる。
血 液腸内環境が整っているときれいな血液ができる。

私たちが住んでいる地球上には数多くの微生物が存在し、その中で生活をしていますが、人間一人ひとりの腸内には地球上の人口をはるかに上回る100兆個もの菌たちが棲息していると言われています。 なんと、人間ひとりの腸内細菌をならべていくと地球を何周もすると言われ、500種類以上の菌が共棲し一つの生態系を作っているのです。

腸内細菌
種類:500種以上 数:100兆個 重さ:1~1.5kg

その腸内細菌たちを顕微鏡で見るとお花畑ように見えることから腸内フローラと呼ばれており、腸内細菌のバランスが正常なら私たちの体は健康で、腸内細菌のバランスが乱れると不健康の方向に向かっていきます。
このように腸(腸内細菌)は、人の健康に欠かせないものであり、毎日の食べ物や飲み物など栄養を吸収し、その吸収された栄養は人の血液の質や体質に大きく関わりをもっています。
そして腸は、第二の脳と言われるように、脳で考えなくても独自で判断して体に必要な栄養だけを吸収し、細菌やウイルスなど、体に害のあるものから体を守る役割をしているすごい臓器なのです。
その腸内細菌の存在なくして私たちは生きていくことはできません。

腸内細菌は大きく分けると『善玉菌』『悪玉菌』『日和見菌』の3つに分かれます。

  • 善玉菌

    ビフィズス菌(野菜、豆類、穀類を好む)健康維持に役立つ!
    腸内を酸性にし、ウイルスや病原菌から防御してくれたり免疫力を高めてくれるとされています。

  • 悪玉菌

    ウェルシュ菌(動物性脂肪、タンパクを好む)病気の引き金に!
    腸内をアルカリ性にし腸内を腐敗させたり、有害物質を作り出します。
    下痢や便秘を起こす原因を引き起こします。

  • 日和見菌

    バクテロイデス菌(中性菌)
    体調次第で、善玉菌、悪玉菌のどちらの見方にもなる菌です。

善玉菌20% 悪玉菌10%の場合 …
 日和見菌の70%が善玉菌につき善玉菌優勢で健康

善玉菌10% 悪玉菌20%の場合 …
 日和見菌の70%が悪玉菌につき悪玉菌優勢で病気

腸の働きの中でとても重要なのが排泄です。
健康な体を維持するにあたり、大きな便りである自分の便を常に確認することが大切です。
日常生活の中で出来る簡単な確認方法は小便・大便を毎日見ることです。

便の状態を把握する4つのポイント

形と硬さほどよい柔らかさのバナナ状の便が良い。
カチカチ便、コロコロ便、水状便、細い便が続く時は注意する。
善玉菌が多い便は黄色っぽい(赤ちゃんの便をイメージしてください)
健康な大人の場合も黄色っぽい(黄金色)便が良いとされる。
黒っぽい便や白っぽい便が出たら注意する。
臭い悪臭がする場合は悪玉菌の腐敗物質が多い。善玉菌が優勢になるにつれ強い臭いはなくなってくる。
日本人の平均的な排便量は1日125g~180g(バナナ1本~2本弱)
そして近年、便秘で悩んでいる方が急増しております。

腸の働きは、植物で例えるなら根っこの部分にあたります。
植物は全ての栄養を根っこから吸収することで、実や花を咲かせます。
根腐れしてしまったら、どうなるでしょうか?
そうです。栄養を吸収できなくなってしまいます。
人間も同じです。植物でいう根っこの部分が人間でいう腸なのです。
腸が栄養をしっかり吸収できなくなったり、反対にいらないものまで吸収してしまえば人間は病気になってしまいます。
腸が悪いということは、体すべてに悪影響を与えることになってしまいます。

乳酸菌生産物質とは

私たちが生活している地球上の生物は、陸の動物と海の動物に分かれますが、乳酸菌の世界も、好気性菌(空気を好む菌)と、嫌気性菌(空気を嫌う菌)に分かれるのです。
それでは、私たちの腸の中に存在している腸内細菌はどちらの乳酸菌なのかというと99.9%は酸素があると生育できない嫌気性菌の方なのです。
弊社の乳酸菌生産物質は、腸中環境を意識した嫌気性培養器(アナエロ・ボックス)を使用し、複数の乳酸菌(21株)をベースに、共棲培養という特殊な方法で培養し、乳酸菌(善玉菌)によって発酵代謝物質(代謝物質)を作ります。
乳酸菌生産物質とは、人間の腸に棲んでいる腸内細菌(善玉菌)が作り出した物質のことなのです。
近年、乳酸菌業界で区分されている、プロバイオティクス、プレバイオティクスとは違い、バイオジェニックスという新たな分野として注目を集めています。

プロバイオティクス生きた菌の働き(ヨーグルト、乳酸菌飲料) 生菌として腸内フローラを介して機能するもの
プレバイオティクスお腹の中にエサを与える(食物繊維、オリゴ糖) 腸内有用菌を増殖させて機能するもの
バイオジェニックス乳酸菌生産物質(発酵代謝物) 腸内フローラを介することなく直接機能するもの

※バイオジェニックス(Biogenic)の語源は、「生物により生成された」という意味があります。

乳酸菌生産物質をわかりやすく例えると蚕(カイコ)が桑の葉を食べて繭(シルク)を作ります。
しかし蚕(カイコ)を調べても、桑の葉を食べてもシルクは出てきません。
微生物(蚕)は全く違う物質(シルク)を作りだすのです。
乳酸菌も同じなのです。
乳酸菌が培地(エサ)を食べて作り出す物質が乳酸菌生産物質です。
乳酸菌と乳酸菌生産物質は全く違うものなのです。
乳酸菌生産物質は乳酸菌と違い生きた菌ではありません。
人間それぞれ顔が違うように、お腹に住んでいる菌もみんな違います。
大切なのは自分の常在菌(自分のお腹に生息している菌)を増やすことが重要なのです。
だからこそ乳酸菌生産物質(バイオジェニックス)が、機能性食品として注目されています。

ミレイム®ネオが出来るまで

  • 培地原料

    培地原料

    乳酸菌を発酵させる”培地”には、豆乳を使用。
    ※国産の有機大豆を毎年契約栽培しております。

  • 1次培養(単菌培養)

    1次培養(単菌培養)

    -80℃で凍結保存している21種の乳酸菌群を1種づつ単菌培養を行います。

  • 2次培養~3次培養

    2次培 養~3次培養

    21種の乳酸菌を3種類づつ掛け合わせ、10組での複合培養を行います。

  • 本培養・濾過工程

    本培養・濾過工程

    豆乳培地にて72時間(3日間)の本培養、濾過(2日間)を行い、乳酸菌生産物質の原液が抽出されます。

  • 濾過後

    濾過後

    濾過後、乳酸菌生産物質の原液と発酵残渣に分けられ、それぞれの製品となります。

  • 調合・製品検査

    調合・製品検査

    製品検査(衛生検査、pH測定、糖度測定)を行い出荷致します。